FC2ブログ
道楽親父の雑記帳Blog

プロフィール

hirolo02

Author:hirolo02
製造年 1967年
工場  愛知県



第4回ポロリ祭り!!

”第4回 輝け!モデルカーキット&  完成品野ざらし祭り!!”

今回はポルシェ祭り! 私は934RSRで参加です。



第5回 ポロリ祭り

”第5回 輝け!モデルカーキット&   完成品野ざらし祭り!!” 今回はジャパン祭り! 私はRE272Eで 参加です。



自動車保険を安くしよう!

私はかなり安くなりました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


白いデカール

プリンターでデカールを自作する場合の一番の問題点は

”白が印刷できない”

ことです。


プリンターは基本的に白い紙に印刷することを前提に作られています

このため、透明デカールに印刷したものを貼ると下地の色の影響をもろに受けます。

白いデカールに印刷したものは下地の色の影響はありませんが余白の問題が出ます。

白いボディーの車やエアラインなどは影響ないですがその他の色では使えません。


そこでクリアーデカールに印刷した物の下地に白いデカールを貼って発色させようと画策です。

いろいろ検索して出てきたのが下記の方法です。

自分の備忘録として記録します。


今回使用したのが吉田金糸店のスタンピングリーフ(白)です。

s-deka-004.jpg

コピー機で印刷した物の上にのせてアイロンで熱を加えるとトナーの部分にだけ白い箔がくっつくというものです。

クリアーデカールにレーザープリンターで印刷し箔押しして白のデカールを作ります。

デカールはwaveのレーザープリンター用クリアです。

s-deka-003.jpg

3段目から下が下地用です黒以外のものはトナーの違いで箔の付きやすさが違うか実験用です。

とりあえず黒の部分で箔押ししてみました。

s-deka-006.jpg

箔が薄すぎて黒が透けてます。

これでは使えません。多分他の色でも同様でしょう。

(バックのランクルは雑誌の裏表紙の広告ですw アイロン台の代わり)


次の方法です。

先人の知恵の拝借です。

ハイキューパーツのクリアーデカールTHはトナーがないところにも箔が付くらしく本来の使い方が出来ないのですが、これを逆手に取った方法です。


まず白と黒を逆転した原稿を普通のコピー用紙に印刷します。

s-deka-009.jpg

これを箔押しして本来必要な部分を抜きます。

s-deka-012.jpg

さらにこれをハイキューパーツのクリアーデカールに乗せてアイロンをかけると白い部分がデカールに移り白いデカールの完成となります。

s-deka-015.jpg

早速貼ってみます。

s-deka-016.jpg

s-deka-017_20180929222828212.jpg

s-deka-018.jpg

s-deka-019.jpg

s-deka-022.jpg

(tamiya 1/48)


試行錯誤の残骸ww

s-deka-020.jpg






スポンサーサイト

トヨタ2000GT

昨年の8月に50歳となりました。
生まれてはや半世紀。
生誕50周年を記念して、同い年の車を製作しました。
ハセガワの1/24です。
メッキパーツはすべて剥がして塗装しました。






自作デカール

会社の友人(バスヲタw)の依頼で何種類かバスコレ用のデカールを作りました。

最近、安定してきたので自分への備忘録も兼ねて記事にします。


まず、今までの環境としては

プリンター EPSON EP-702A インク50

デカール  ケイトレーディング インクジェット用 クリア ホワイト 専用ベーススプレー

でした。


過去記事もありますが、うまくいけば非常にきれいに詳細な印刷ができます。

しかし、前回きれいに印刷できたのと同じ条件で印刷しても謎のインク弾きで大量の失敗デカールが発生することがかなりの頻度でありました。

色々調べると

・インクとの相性

・ベーススプレーの有無

・温度

・湿度

・デカールの鮮度

色々出てきましたが結局は問題の解決には至りませんでした。

まあ、そんなこんなwでデカールのためにレーザープリンタを導入することにしました。


導入したのはコレ。

s-bus-029.jpg


s-bus-030.jpg

13000円程度でした

印刷した感じは

s-bus-001.jpg


大きさはB7です。

インクジェットと比べると、どうしてもドットが目立ちますが十分実用レベルです


s-bus-003.jpg


s-bus-004.jpg


s-bus-005.jpg


デカールは

WAVE NEWクリアデカール

s-bus-031.jpg 

ホワイトデカールはケイトレーディングのレーザープリンタ用で問題なく印刷出来ました

s-bus-033.jpg 

データはinkskapeで作っています。

s-bus-034.jpg 


インクジェット印刷と違い印刷の”きわ”でカットしてもインクが染みだしてくることがありません。

また、クリアーで被膜を作る必要もありません。

ラッカー系クリアでコートもできます。


バスコレに貼ってみました。

s-bus-006.jpg 

s-bus-007.jpg 

s-bus-009.jpg 

s-bus-010.jpg 


1/150、全長約8cmです。

友人は同じバスを何台も並べるのがいいそうなのでB6の大きさに4台ずつ印刷し完成としました。

s-bus-011.jpg 






DECKEL FP1 (その1)

ファインモールド、オトナの社会見学シリーズのDECKEL FP1 万能フライス盤 1/12 です。
s-deckel-001.jpg
なかなか渋いアイテムですが、私にはドストライクです。
すでに完成していますが、備忘録的に。
変速機、オイルポンプ、テーブル送りギアボックスなどを挟み込みます。
s-deckel-003.jpg
基本スナップフィットのキットなので塗装をするときつくなったりしますが、適宜キリ等で調整しながら組んでいきます。
合わせ目処理も必要がないように出来ていますが唯一この面の垂直テーブルのレール面だけは消しました。
s-deckel-004.jpg
s-deckel-006.jpg
あとは色を塗りながらどんどん組んでいきます。
s-deckel-008.jpg
s-deckel-009.jpg
s-deckel-010.jpg
s-deckel-002.jpg
表記やプレート関係はシールです。
つや加減や厚さがいい感じです。
s-deckel-014.jpg
s-deckel-017.jpg
とゆうことで、完成です。
s-deckel-019.jpg
s-deckel-020.jpg
s-deckel-021.jpg


人型ロボットと組み合わせると最新の自動機に早変わりw
s-deckel-023.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


テスト投稿

スマホから投稿してみました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。