道楽親父の雑記帳Blog

プロフィール

hirolo02

Author:hirolo02
製造年 1967年
工場  愛知県



第4回ポロリ祭り!!

”第4回 輝け!モデルカーキット&  完成品野ざらし祭り!!”

今回はポルシェ祭り! 私は934RSRで参加です。



第5回 ポロリ祭り

”第5回 輝け!モデルカーキット&   完成品野ざらし祭り!!” 今回はジャパン祭り! 私はRE272Eで 参加です。



自動車保険を安くしよう!

私はかなり安くなりました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


934RSR その13(完成?!)

以前、コメント欄で作り変えようか思案中としていたボンネットピンです。結局これを使ったのですが悪あがきの跡だけ残します。
これはキットの部品のメッキをはがした状態。これでも少しだけモールドがはっきりしました。

実物は多分これ。
934RSR-144.jpg
という事で先ずキャッチピンの方から作り始めました。
手芸やさんで以前買ってきた造花用(←多分)の針金をドリルの歯に巻きつけて輪を作り。
934RSR-133.jpg
934RSR-134.jpg
ピンセットなどで挟んで形を整えました。なんとなくそれっぽい感じ。
934RSR-135.jpg
次に1mmの真鍮パイプに穴を開けて
934RSR-137.jpg
先ほどの輪を通します。
934RSR-138.jpg
この後、ビンネットに付いている丸い基部を作るところでポンチなどのプラパンか金属版を丸く切り抜く道具が無いのに気が付いて結局断念・・・・・というか、ここまで来ると早く完成させたくて、いつもの妥協が入りました。アイデアとしては打ち抜いた薄いプラパンをミラークロームで塗装とかキッチン用のアルミテープを打ち抜いてそのまま貼り付けるとかいろいろ妄想はしていたのですが・・。あと、これでボンネットを止めてしまうと2度とボンネットを開けなくなってしまいそうだったのも理由にいれときます。

キットの部品のフチを薄くしたり輪の下を削り込んだりしてシルバーを塗り黒でスミいれしました。(やはりアップはツライ)
934RSR-139.jpg
後はシャーシにボディーを載せてネジ止めし、ワイパーなどを付けて最後の確認。
934RSR-136.jpg

完成です!
934RSR-140.jpg
934RSR-141.jpg
934RSR-143.jpg

ビッグスケールということで部品が多くボディーも大きくて塗装や研ぎ出しも大変でしたが、ウインドーがネジ止めだったり、内張りやバンパーなどそれっぽい樹脂で出来ており、塗装も不要ではめ込み式になっているなど小さいスケールのものよりも組み易くなっています。
年に1台は1/12と行きたいですね。



スポンサーサイト

934RSR その12

ポルシェ祭りの締切りもいよいよ近づいてきました。934のほうも完成に近づいてきて、うっかり間に合ってしまいそうです。(←本当か???)
ホイールはメッキを剥がさずに塗装をすることにしました。一応メタルプライマーを塗っておきます。

ゴールドはクレオス8番
934RSR-119.jpg
ヘッドライトもキレイなメッキがされていますが、こちらは目の周りをオレンジに塗る必要があります。
934RSR-117.jpg
こちらはオレンジを塗る部分だけペーパーでメッキを落として塗装をしました。写真ではメッキを落とさない部分をマスキングしています。
934RSR-118.jpg
934RSR-123.jpg
今回ウインドーパーツの塗り分けはドアのガラスだけなので助かります。ドアが開くので裏表忘れずに塗装します。
934RSR-122.jpg
マスキングをしたあといつものようにクリアーをかけて保険をかけておきます。
934RSR-124.jpg
ドアの組み立てははめ込みとビスです。
934RSR-125.jpg
934RSR-126.jpg
テールランプは、赤とオレンジの部分はそれぞれの色で成型されていますがバックライトの部分だけリフレクターと一体になっています。
934RSR-127.jpg
レンズ部分だけマスキングして塗装します。
934RSR-128.jpg
エナメル黒をベースにミラークロームを吹きました。
934RSR-129.jpg
フロントのメッシュはエッチングがついています。プライマーを塗るのを忘れずに。
934RSR-115.jpg
934RSR-116.jpg
ウインドウはビスで留めるようになっているので接着剤で汚すことなく安心です。
934RSR-131.jpg
私もバギー状態で写真をとりました。
934RSR-121.jpg


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


934RSR その11

先回のワタナベさんのコメントでボンネットの運転席がわが反っていてボディー側とラインが合わないということなので早速確認してみます。
まず、前部ボディーパーツを左右に繋いでいるランナーから切り取ります。これを塗装が終わるまで切り取りたくなかったため、今ごろになっての合いの確認になってしまいました。

載せてみるとやはり真中あたりが上に反っている感じです。
934RSR-109.jpg
反対から見るともっと良く分かります。
934RSR-111.jpg
という事で修正ですが、もうこの時点では力技しかありません。割れない程度に反対側に”ぎゅっ”と曲げて直します。かなりリスキーです。塗装面のひび割れなどを心配していましたが案外大丈夫でした。
934RSR-112.jpg
934RSR-113.jpg
初めよりは良くなったと思います。

窓枠の塗装も済んでいます。いつものやり方ですが半艶黒はエナメルをエアブラシ塗装です。
マスキングは塗り分けラインだけです。こんな感じ。なるべくデカールの上にかからないように。
934RSR-095.jpg
934RSR-096.jpg

黒を細吹き。当然はみ出ます。
934RSR-097.jpg
934RSR-098.jpg
934RSR-104.jpg
934RSR-105.jpg
これをコンパウンドで軽く磨けばスッキリです。
934RSR-107.jpg
934RSR-106.jpg

あと、フロントのバンパー周りを少し組みました。
クリアー部品はオレンジ成型。樹脂バンパー部分はやわらかめのプラスチックで出来ているので塗装の必要はありません。
これをコーナーに沿うように曲げて瞬間接着剤で付けるよう指示されていますが、ビニールっぽい樹脂のせいか、曲げのテンションがかかっているため、うまく付きません。
934RSR-099.jpg
指の跡はしっかりついてしまいましたが・・・・
934RSR-101.jpg
恐る恐るリカバーします。(まだクリアーの層が残っていることを祈ります)
934RSR-102.jpg
934RSR-103.jpg
跡が残ってしまいましたがこれ以上深追いは止めておきます。

先ほどのバンパーは熱したマイナスドライバーで先端をつぶすことでしっかり付けることが出来ました。
934RSR-100.jpg
ピンの飛び出しが異常に長いので多分こういうことでしょう。




テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。