道楽親父の雑記帳Blog

プロフィール

hirolo02

Author:hirolo02
製造年 1967年
工場  愛知県



第4回ポロリ祭り!!

”第4回 輝け!モデルカーキット&  完成品野ざらし祭り!!”

今回はポルシェ祭り! 私は934RSRで参加です。



第5回 ポロリ祭り

”第5回 輝け!モデルカーキット&   完成品野ざらし祭り!!” 今回はジャパン祭り! 私はRE272Eで 参加です。



自動車保険を安くしよう!

私はかなり安くなりました。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



FC2カウンター



カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



LOTUS 97T (その4)

モノコックの続きです。
モノコックにはタバコデカールが付きますが艶をそろえるためにマスキングをした状態で貼り付けます。
今回使用したのはこれです。

キットについているデカールと比べると黄色が濃い感じ。
97T-046.jpg
デカールを貼る位置にクリアーをあらかじめ吹いて密着を良くしておきます。
台紙から剥がして貼ってみると少し黄色が薄くなりキットのデカールの色とかなり近くなりました。(TAB、GJ!とこのときは思いました)
97T-047.jpg
が、しかし、キットのデカールも貼ってみるとこちらも少し黄色が薄くなりました。(elf部)
ボディーカウル側面で隣同士並ぶと色の違いがちょっとありそうです。

デカールが乾いたら、つや消しクリアーを吹いて艶の調整とデカールの保護をしておきます。
97T-048.jpg
乾いたらそっとマスキングを剥がします。良い感じ(^^)
97T-049.jpg
97T-050.jpg

次にリベット(?)部の再現です。
97T-051.jpg
黒はカッティングシート。シルバーはキッチンテープです。先回紹介したポンチの1.0mmで抜いています。
97T-052.jpg
97T-053.jpg
カッティングシートはきれいな丸を抜けましたが、
97T-054.jpg
キッチンテープはあまりきれいな丸にはなりませんでした。(抜いた穴の方はさすがに、きれいな丸いなります)
円の真ん中にある穴はケガキ針で跡をつけています。
97T-055.jpg
アップはつらい・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


LOTUS 97T (その3)

今回はモノコックです。ざっと見てみると気になるところがちらほら。
ノーズボックスの継ぎ目にあるポッチ。右側にあるものが

左側にはありません。
97T-030.jpg
コクピット周りの補強のコーナー部が抜きの関係かぽっちゃりしているので、ちょっとシャープにしたいところです。
97T-031.jpg
ココのポッチが消えかけ
97T-032.jpg
EF15エンジン用の取り付けブラケットのモールドがちょっと残念な感じです。このキットのエンジンはEF4エンジンなので今回は削ってしまいます。
97T-033.jpg
マスターシリンダーのモールド部も穴を開けてしまいました
97T-034.jpg
97T-035.jpg
モノコック横にある楕円形のモールドもケーブルを通すために穴を開けます。
97T-036.jpg
以上のことを頭に入れて加工や表面処理を行ってから塗装に入ります。
今回は3色の塗りわけで行いました。
コクピット周りとサイドのラジエターボックス部は艶あり黒。
モノコックコーナー部は半艶黒。
面の部分はちょっとオリーブドラブのつや消し黒。

まず、半艶黒を全体に吹いたあとマスキングして艶あり黒を吹きます。
97T-037.jpg
97T-038.jpg

次に3色目を吹くためのマスキング。ポッチを作るために買ってきたポンチセットが早速役に立ちました。(最近では小さい丸のマスキングテープが売っているらしいですが・・)
97T-039.jpg
小さな丸はこんなところに役に立ちます。
97T-040.jpg
97T-042.jpg
マスキング終わり。
97T-043.jpg
これに極薄くしたオリーブドラブを軽く乗せました。
97T-044.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


LOTUS 97T (その2)

97T2回目です。
私の場合、どこから手をつけるかは決めていないのですが、今回はカウル塗装から始めています。
サフを吹いたところで見つけてしまった飛出しと凹み(ダクト)。

キリとデザインナイフ穴を開けます。
97T-017.jpg
NACAダクトのほうは、裏から削っていき薄くなったところで貫通させるときれいに開きます。表から見える断面は薄くしておきます。
97T-018.jpg
97T-019.jpg
上カウルにもサフ
97T-020.jpg
そして黒(ガイアExブラック)
97T-024.jpg
他の部品も黒(写真はまだサフ状態)
97T-021.jpg
この車、ウイング類はカーボン目が見えているようなのでカーボンデカールを貼ってみました。
タミヤのカーボンデカールを使いました。
97T-022.jpg
目はこんな感じ
97T-023.jpg
これにスモークグレーとクリアーイエローで色を調整しました。
97T-028.jpg
このデカール、塗料を含むと表面がカーボンの網目のように立体的になります。今回は研いでしまいますが、研がずに、この表面生かしても面白い表現が出来そうです。
他のウイング類にもカーボンデカール。
97T-026.jpg
97T-027.jpg
この季節は水が冷たくて台紙から剥がれるのに時間がかかります。水を少し温めるだけで、かなり効率が上がります。私の場合は電子レンジを使います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用